2017年05月21日

うさぎ警備員


東京丸の内のとあるビルに、うさぎの警備員がいます。

毎日立哨や巡回などをして頑張って働いています。

ある時同僚の男性が、うさぎ警備員に聞きました。


「お前、よく警備員になれたな。」


「もっ、どういう意味でつか?」


「だって警備員って不人気な仕事の割に、なるのに条件が結構あるんだぞ。」


「そうなんでつか?」


「そうだよ。心身共に異常があってはいけないとか、外国人はだめとか、犯罪を犯したら〜年はなれないとか。」


「もっ、意外と厳しいんでつね。」


「まあ、普通の人なら大丈夫ではあるけどな。」


「でも問題なかったでつ。」


「そうなのか?」


「だって、警備員の条件に『人間でなければいけない』ってなかったでつから。」


「・・・・・なるほど。」








にほんブログ村


ショートショートランキング
posted by うさけい at 10:43| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
いつも楽しく拝読しています。
大変ぶしつけな質問ですが、作者さんは人間のお話は書かれたりしないのですか?
Posted by at 2017年05月28日 04:52
気まぐれで書いているものに作者などと言っていただき恐れ入ります。
人間のみでは書けない話も書ける自由度の高さから、こういった話だけにしています。


>さん
>
>いつも楽しく拝読しています。
>大変ぶしつけな質問ですが、作者さんは人間のお話は書かれたりしないのですか?
>
Posted by うさけい at 2017年05月29日 19:14
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: