2020年11月29日

うさぎの童謡


居候うさぎ宅にて。


「も、家主。」


「何だ?」


「昔話や童謡って隠された怖い話があったりするじゃないでつか。」


「いきなりだな。まあ確かにそういうのあるよな。」


「実はこの間恐ろしい童謡を見つけてしまったんでつ。」


「それで動揺しているのか?」


「動揺もしまつよ、あんな童謡を聞いてしまったんでつから。」


「どんなやつなんだ?」


「何と!うさぎを食べる童謡なんでつ!」


「うさぎを食べる童謡?そんなのあるか?」


「あったんでつよ。」


「うさぎを食べるって歌詞にあるのか?」


「直接じゃないでつけど、『うさぎおいしい』って所があったんでつ。これって食べるってことでつよね?」


「おいしいってことはそうだろうけど・・・・・ん? もしかしてのその後、『小鮒釣りし』って続かないか?」


「そうなんでつよ。うさぎがおいしいって所以外はのんびりとした歌詞なんでつよね。」


「それうさぎがおいしいじゃなくて、追いしだな。」


「も?」


「つまりうさぎを追いかけたり、釣りをしたりって歌詞の童謡なんだよ。」


「何だそうだったんでつか。ぼくもおかしいと思ったんでつ。こんな愛らしいうさぎを食べるなんておかしいでつもんね。」


「でも外国だと普通に食べてるけどな。」


「ももっ!?」









にほんブログ村


ショートショートランキング

posted by うさけい at 08:39| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: